【誰も知らない】東京ディズニーリゾートを120%楽しむたった1つの方法


スポンサーリンク


こんにちは、ミッキーマウスの従兄弟のざっきーマウス(@wrttns)です!!

 

 

そっと、ブラウザを閉じないでください。

 

さて、皆さんは、ディズニーリゾート好きですか?

(ディズニーリゾートとは、ざっくり説明すると、ディズニーランドやディズニーシー、それに付随する公式ホテルがある区画の総称です。ディズニーランドディズニーシーのことを言っているんだなと思っていただければ結構です!!)

 

僕は、そこらへんの人間より大好きです。

僕は、人生の大半を新潟県で過ごしていたのですが、それでも年の数(22)かもう少し多いくらいディズニーには行っています。

それに僕は、いろいろなメンバー構成でディズニーに行ったことがあります

  • 家族
  • 男友達のみ
  • 1対1のデート
  • トリプルデート
  • 研修旅行(専門学校

なので、僕が今日説明する楽しみ方は、いろいろなメンバーパターンで通用すると約束します(というか元々メンバー関係なく楽しめる方法です)

「ディズニー苦手なんだよな…」

「今までたくさん行って、そろそろ飽きた!!!」

って方は必見です。

【誰も知らない】東京ディズニーリゾートを楽しむたった1つの方法とは

 

まず、今回紹介するのは、

  • 並んでいる間
  • アトラクションに乗っている途中

の話ではありません。ってか、それに関しては結構たくさんの方が記事にしているので、そちらを参考にしてください!今回僕は別観点で、

 

オリジナリティ溢れる写真撮影

を教えたいと思います。

 

ディズニーに行くことって、特別体験ですよね。

そして、特別体験をしている時、皆さんが何をするかというと、記念撮影(写真撮影)ですよね

しかし、大体の人はいわゆる記念撮影スポットで撮影するため、あんまりオリジナリティもなければ面白みもありません。

それでも記念に残るからいいんでしょうけど、どうせ撮るなら周りと被らない写真の撮り方したくありませんか?

今回は、その方法を紹介していきます!

(ディズニーの、魅力を紹介しながら進んで行くので楽しむ方法を見たい方は、目次に戻って、「実践、オリジナリティ溢れる写真撮影」から読んでください!)

 

やって来ました、シー。

ファストパスを有効活用

はいってことでやって参りました東京ディズニーシー

今回は、彼女とやってきました。ちなみにこれは、「THE ありがち」です。

 

さて、入園してすぐは、やるべきことが沢山あります。

まずは、ファストパスを取りましょう。

ファストパスとは アトラクションの優先入場券。ファストパス制度があるアトラクションの近くに設置してある機械に入園パスポートをかざすことで、入場時間が指定された優先入場券が発券できる。1入園パスポートにつき1枚発券できる。ちなみに1度発券すると一定時間発券できない。人気アトラクションに乗る際はこれを発券して並ぶのを回避する(売り切れる場合あり)

さ、

 

 

 

これはファストパスではなく、つい先日、免許再発行前日に気合い入れて写真を撮影するも、当日に、気合い入れて撮った写真が提出書類用の写真だったことが判明し、インナー(シャツとかの下に着るTシャツ)と寝癖で撮った最高にクレージーな写真です。家帰って泣きました。

 

はい。こんな感じで無事に発券しました(2人分)

「レイジングスピリッツ」という、360度、つまり1回転する恐ろしいジェットコースターのファストパスを取りました。

本当は、ディズニーシーのシンボルであるプロメテウス火山から落っこちる「センターオブジアース」というアトラクションが良かったのですが、あいにく休止だった為、これにしました。

さて、ファストパスの時間は、17:55~、現在15時。3時間以上時間があるので、軽食を食べましょう

 

お酒を飲もう

並んだのは、ビアカクテルを取り扱っているお店。そうなんです、ディズニーシーではアルコール類を取り扱っているのです。これが、ディズニーシーが大人から支持を受ける理由の一つでもあります。

今回は、期間限定の

えっと…

さくらんぼビアカクテルいただきました!!!!(本当はもっとかっこいい名前)

この炎天下の中で飲むアルコール、最高でした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール詐欺やないかい!!!!

 

注意
お酒は二十歳になってから。 
注意
プロフィール詐欺は目をつぶりましょう。

アトラクションに並ぼう

さて、お酒を飲んでもまだ時間が2時間以上あるので、アトラクションに並ぶことにしました。

並ぶのはトイストーリーマニア。割と最近できたばかりなので、平日でも100分は待ちました。ただ、凄かった時は、ファストパス発券の列で1時間アトラクションの列が300分(5時間)待ちの時があったので、マシな方です。

まさかの、写真を撮り忘れるというブロガーとして致命的なミスを犯したので、ディズニーシーの某所の男子トイレの心が汚れている人にはギリギリアウトの画像で失礼します。

 

話を戻しますと、トイストーリーマニアの内容は、3D眼鏡をかけて2人がけの乗り物に乗り、現れる的を、手元にある謎の壺型の造形物に付いている紐を引っ張って命中させるシューティングゲーム形式となっています。スコアが出るので隣の人と勝負することができて楽しいです。

 

ちなみに僕は、待ち時間にTwitterを見ているフリをして トイストーリーマニア 高得点」と検索して高得点の出し方を研究した結果、彼女にボコボコにされました

 

唯一この画像は彼女が撮っていたものです。(左が彼女、右がわたくし)ボロ負けすぎて笑える。

 

 

実践、オリジナリティ溢れる写真撮影

さて、このアトラクションに乗り終わったのが17時30分。ファストパスのアトラクションに乗れる時間まで、残り25分。

アトラクションに並ぶにしては時間が足りない、飲食をしようにもお腹がいっぱいで食べる気にはならない。

そんな時にとうとう出番です。

オリジナリティ溢れる写真撮影

僕が知る中では、誰もやっているところを見たことがありません。さぁ、オリジナリティを出して、ありふれた記念写真を脱却し、周りをあっと驚かせようではありませんか!

 

フォトジェニックは突然に。

フォトジェニック 写真向きである、写真写りが良い、写真映えのする、人や動物、物や風景などを指す(解釈には諸説あり)

 

ディズニーシーのフォトジェニックポイントといえば、

パッと浮かぶもので、

  • キャラクター
  • 入口の地球儀
  • 火山
  • インディージョーンズの魔宮

を僕は思い浮かべます。おそらくディズニーシーに来た人間のほぼ100%は上記のどこかしらで撮影をします。僕もします。

 

しかし、実は、いたるところにフォトジェニックは潜んでいます。現れるタイミングは、ラブストーリー並に突然です。僕が実際撮影して来たので、紹介します。

 

スポンサーリンク

例1.小物を見逃すな。デカイものだけがフォトジェニックではない

 

これは、先ほど話したレイジングスピリッツのファストパスを発券した際に発見しましたはっけんだけに

ファストパス発券機の横に、トロッコがありました。

(はしゃぎすぎてトロッコ単体を撮るのを忘れました。画像手前がトロッコです)

もうおわかりですよね?

これはフォトジェニックです

 

百聞は一見に如かず。さぁ、実際に撮影してみましょう

 

 

 

ひかれました

 

 

ひかれました

 

 

ひかれました

 

どうですか?かなり楽しそうじゃないですか

なんら変哲のない質素なトロッコを120%有効活用しました。普段はディズニーシーの根暗キャラの彼も、一躍人気者です。

近くにいたカップルも「その手があったか!」と言わんばかりの驚きの表情を見せていました

そうなったらこっちの大勝利です。おそらく僕たちが去った後、絶対に真似してます!

 

多分真似してます!!!

 

注意点としては、地面に寝るので少し汚れます。それが嫌な人は、後ろからトロッコを押すように撮るのも楽しいですよ。

彼女はそうやって撮りました。

 

 

 

注意
この時点で「え!?この程度かよ」と思った方は、ブラウザを閉じることをお勧めします。終始このクオリティです

例2.隠れミッキーをご存知?

みなさんは、「隠れミッキー」たるものをご存知ですか?

 

ミッキーの顔によく似た形が、パークのいたるところに隠されているのです。

それを探して撮影するのも楽しいのですが、それは誰でもやってます。今回は、

 

自身が隠れミッキーになるのです

 

場所は、ポートディスカバリー。

ストームライダーという巨大ハリケーンをぶっ潰す3Dアトラクションがあった場所に、ファインディングニモに関する新アトラクションが出来た、現在最もアツい区画です。(僕はストームライダーが大好きだったので残念です。)

さて、隠れミッキーになる場所は、大人気のニモとは全く関係ない、トイレのすぐ横です。それがこちら。

ただのデカい扉です

 

もちろんこの扉を開けることができる訳でもないので、人が集まることもありません。しかし、この場所こそが、隠れミッキーになれる場所なのです!!

 

 

よいしょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隠れてないし、顔人間

 

 

 

随分歯並びが悪いミッキーを発見しました。肌も荒れてますね。深夜にアルバイトとかして生活のリズム狂ってそう。

しかし、顔は人間であろうとミッキーはミッキーです

リアルガチで周りは一瞬どよめきました。

その手があったか…!!」と(2度目)

このように、「まる」が二つあれば誰だってすぐ隠れミッキーです。ただ、こんな都合いい大きさの「まる」はおそらくここだけです。

 

注意点を挙げるとするならば、

 

 

 

体勢が結構きついです

苦労なしに簡単にいい写真は撮れませんね。

 

例3.ここは夢の国

ご存知の通り、ディズニーリゾートは、夢の国と呼ばれていますよね。

夢…つまり、現実とはかけ離れたことが当たり前のように起こるのです。

 

火山に探検に行き、未知のモンスターに出会ったり、

魔法のじゅうたんに乗って旅したり、

命の泉を探したり、

 

そう、何が起こってもおかしくないのです。

なので僕は、

記念撮影して来ました。ゴミ箱と

心なしか、周りの人間からは笑われました

 

なぜでしょう、僕は怒りました。

ざき
ここは夢の国。ゴミ箱だって明日急に命を吹き込まれるかもしれない。いや、もしかしたらもう吹き込まれているかもしれない。いや、吹き込まれているに違いない!たまたま朝は寝ているだけで、静まり返った頃に活動を始めるんだい!!!お前ら見る目なさすぎる!近いうちに必ずこの俺に向かって謝ることになるぞ!!おん?

 

 

 

 

 

そっと場を去りました。

 

 

注意としては、ゴミ箱を使いたい人がいたら一瞬でどきましょう。ってか、これは撮らないことをお勧めします

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の方法は、僕の周りで実行している人はいなかったので、【誰も知らない】と名付けて記事にしてみました。

「もう知ってるわ!!」

「やったことあるわ!!」

って方に対しては、謝りません。その代わり友達になってくださいアホな発想を共有しましょう。

逆に、やったことない方は、ぜひ試して見てください。2人以上で行かれる方は、新しいパターンをぜひ探してみてください。

 

この写真撮影をすることで、暇な時間もなくなる上に、思い出も増えます。一石250鳥くらいの気持ちです。

 

 

ちなみに恋人と試そうとしている方は、これを機にトラブルが起きても一切責任は負いません。負わないですけど、仮に別れることになったら、慰安旅行としてディズニーリゾート行きましょう。

 

 

縦に長いお菓子を笛に見立ててチップを稼ごうとしている画像で失礼します。ちなみに周りと一定の空間が生まれました。アディオス。

 



スポンサーリンク






1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です