山崎将貴、再スタートを切る


スポンサーリンク


どうも、ざき(@wrttsn)です。

タイトルにある通り、僕は再スタートを切ります。

長い期間更新をサボりまくっていた僕を再びやる気にさせてくれた出来事があったので、今回はそれについて書きます。

この記事のペルソナ(ブログにおけるターゲット)は僕なので、記事にする必要性を考えましたが、

サボっていた自分に、これ以上サボらないようにと自戒をこめる意味で、記事にしてみました。

僕と同じくサボりがちな人にオススメな継続する方法も今回は併せて紹介します。

もしよかったら最後まで読んでください。

 

自分を変えたくて、周りを変えたくて始めたブログ

不満しかない環境で、心身共に消耗していた美容師時代の僕。

社会への反骨精神(社会の不正や不満に立ち向かう気持ち)だったり、

このブログで何かが変わるという確信を持ってから僕は、ものすごい勢いで環境を変えた。

自分で言うのもどうかとは思うが、環境を変えて頑張っている姿を、をたくさんの人に評価、応援してもらったと思う。

空いている時間は全てブログに費やした。

1日11時間ぶっ通しで記事を書いていたこともある。

中でも今年、2017年の7月から約1ヶ月はとにかく頑張った。

記事を書き、SNSを戦略立てて行い、ブログに関する本もたくさん読んで行動に反映した。

そのおかげもあって、応援してくれる人は急増

ブログのPV(閲覧数)も右肩上がりだった。

そして極め付けがプロフィール記事。SNSで自分の考えもしないくらいの反響を生んだ。

当時の1ヶ月の合計PV数の3倍をわずか1日で達成した。

ツイッターやブログには、数々のリプライやコメント、いいねやRTも沢山頂いた。

僕はこのまま確実に成功する自信しかなかった。

しかし、成功は愚かだんだんと更新は途絶え、記事を書くことさえやめてしまった。

 

どんどんやる気は落ちていく

僕は、プロフィール記事を公開した数日後に、家を引っ越した。

元々、1年間だけ住まわせてくれるという約束のもと、叔父の家に居候させてもらっていたのだが、

1年経ったということで、引っ越した。

詳しくはまた改めて書くが、住まわせてもらっていた家の間取りは1K(1部屋+キッチン)

わずか6畳の1部屋にベッドを2つ用意して、男二人で寝ていた。

住まわせてくれた叔父はとても優しく、喧嘩などをすることは1度もなかったが、やはり快適な暮らしとは言えない

更に言えば、叔父の家に住む以前は、先ほど紹介したプロフィール記事に出てきたオンボロの社員寮だ。

ここ数年、完全に心が休まる家に住んでいなかった為、今回の引っ越しは最高だった。

家賃は超安価な上に、新築物件かつ、間取りは1LDK。

極め付けは、2年間遠距離恋愛を続けた彼女との同棲という点だ。

僕が理想としていた生活だった。

超どん底生活だった僕が、数ヶ月にして理想の暮らしを手に入れた。

そして、それと同時に社会への反骨精神を失い、ブログへの情熱も途絶えていった。

今振り返ると、僕の原動力は間違いなく自分の不幸な現状、それに関連する社会への反骨精神だった。

しかし、自分自身が幸福感に満たされてしまったために、現状から進むことをやめてしまった

その後何度かSNSでブログ更新するする詐欺をするも、やはりやる気にはなれなかった。

それもそのはず、再開する明確な理由が見当たらなかったからだ

モチベーションがないことには始めようという気にはならない。

正直このままフェードアウトすることも考えた。

スポンサーリンク

僕がブログをやる理由

2017年10/1日。この日は、るってぃさん(@rutty_07z)という方の講演会のスタッフをさせてもらうことが決まっていた。

元々ブログである程度結果が出たのは、るってぃさんが運営するブロガーコミュニティーのお陰だった。

講演会には、そのコミュニティー内で僕に助言をしてくれた方も沢山来ていて、久々に話す機会があった。

そしてその際にみんなが口を揃えて、僕のブログを楽しみにしてると言ってくださった。

中には、才能があるんだから頑張れとまで言ってくださる人もいた。

さらには、初めて会う方から、ブログ読んでますと嬉しい言葉を頂いたり、他のブログセミナーで僕の記事がお手本で紹介されてるなんて話も聞いた。

そんな話を聞いているうちに、大切なことを思い出した

このブログは、様々な人が応援してくれて、助けてくれたおかげである程度結果が出たということ。

様々な人に、自分の発信を介し、力になりたくてこのブログを運営していること。

人の力になりたいと思った以上、自分がある程度満足できる環境を手に入れたから、このブログを終わらせるのは違う

そして、このブログを捨ててしまったら今の自分には何も残らないし、間違いなく後悔する。

そうと決まったならあとは、やるしかない

 

持続するために僕がすること

ブログに対するモチベーションを取り戻したところまではいい。

しかし、このまま「頑張る」だけではおそらく同じことを繰り返すだろう

そうなった時に、どうするべきか。

どうやったら、モチベーションを保てるのか。

僕は、同じくブログを運営している人と協力かつ競争することにした。

例えば、記事数のノルマを決めてお互いに更新。

例えば、同じテーマで記事を書いてPVを競う。

こうして、他人を巻き込み、ルールを設けることで、自分一人で投げ出すことを防げる。

投げ出したら、協力者からの信頼を失うからだ

そしてもちろん協力者には信頼を失いたくない人と組む。

僕が今回組むのは、僕と同じくブログを運営している、アーティストのヒロタタカヒロ(@hirota_takahiro)

彼とは、オンラインサロンの合宿で知り合ってから、同い年ということもあり、仲良くしてもらっている(というよりは、色々教えてもらっている)

先ほど偉そうに僕が書いたモチベーションを保つための戦略も彼が考案(考えは僕なりの考え)

お世話になっているし、一緒に頑張ると決めた以上、彼の信頼を失うことはしたくない為、とりあえずこの方法でやっていくつもりだ。

まず今月15記事と約束したので、必ず達成する

 

これからは更新し続ける

「継続は力なり」この言葉を知りながらも今までの人生では避け続けて来ました。

しかし、先ほども述べましたけど、このブログはこのままでは終わらせたくないと強く思ったので、更新し続けたいと思います。

また、このブログは、今見てくださってるあなたのおかげで成り立っています。

そんな方を大切にすること、力になることを忘れずに更新していきます。

「ざきたすブログ」をこれからもよろしくお願いします。

山崎将貴、再スタートを切る!



スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です