【無料カメラアプリ】フィルムカメラアプリ「Huji cam」の使い方を徹底解説


スポンサーリンク


今回は、フィルムカメラで写真を撮ったかのような質感を出せるアプリ「Huji cam」の使い方を解説します。

すごく簡単な手順で、以下のようなフィルムカメラで撮ったかのような本格的な撮影が可能です。

 

1.インストール

まずは、こちらからアプリをインストールします。

 

インストールは無料です。

インストールが完了したら起動して以下の画面が表示されますので、順を追って説明します。

  • ①シャッターボタン
  • ②フラッシュボタン
  • ③設定
  • ④カメラ画面

 

1.シャッターボタン

シャッターボタンを押せば、撮影可能。

インスタントカメラのようなボタンデザインがおしゃれですね。

 

2.フラッシュボタン

ボタンを押すと、カメラのライトが表示されます。

暗い場所で撮る場合は積極的に使いましょう。

 

3.設定

このボタンをタップすると過去に撮影した写真が表示されます。

また以下の画面から、このアプリで撮影していない過去の写真もフィルムカメラ風に加工できます。

まずは、上記画像下の矢印が指す「+」をタップ。

すると、以下のように自分のカメラロールが表示されますので、

  1. 加工したい画像をタップ
  2. 右上のチェックマークをタップ

 

以下の画面が表示されます。

インスタントカメラで撮った写真同様、写真に日付が表示可能です

その際に表示方法を①の矢印が指す、赤枠内の3パターンから選択します。

表示結果は以下。

  1. 98年
  2. 写真のデーターから撮った日付を反映
  3. 表示しない。

 

次に、上記画像の②を選択。

ちなみに、無作為光とは、フィルムカメラで写真を撮影した際に現れる光を指します。

これで設定は終わりですので、③の現像開始をタップすると、加工がなされます。

 

参考までにビフォーアフターを紹介します。

Before↓(iPhone7のカメラで撮影)

 

after↓

 

4.カメラ画面

トップ画面では、以下のような表示になっていて非常に写真が撮りにくいです。

 

しかし、撮りやすい方法に変更することも可能。

方法は、上記画像が指す矢印をタップするだけ。

すると、以下のような画面に切り替わります。

これで、普通のカメラと同様の撮影ができます。

ちなみに僕は上記方法以外で撮影したことがありません…笑

ちなみに、カメラは横に持ちます(もちろん縦でも撮影可能)

 

操作性簡単で素敵な写真が撮りたいなら「Huji cam」

説明は以上で終了です。かなり簡単ですよね。

今まで、フィルムカメラを購入して撮影しようと思っていた僕に撮っては最高のアプリなので、今後も使っていこうと思います。

気になった方はぜひインストールしてください!

 

最後に、「Huji cam」で撮影した写真のみをアップするInstagramやってます!

ぜひフォローしてください!



スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です