「活動費を支援する」という新しい買い物の考え方。


スポンサーリンク


「デザインがいいから」「機能性が抜群だから」

みなさんが「カバン」を買う基準はそこにあると思います。

もちろん僕も普段はそう。

でも、今回は”いつもと違う”購入基準のもと、新しいカバンを買ったのでご紹介します。

 

買ったのは「動く作家」石井美帆さんが作った世界で1つだけの作品。

新しい購入基準をお話しする前に、まずは買ったカバンを自慢させてください。

めちゃくちゃかっこいいでしょ。

「刺繍の色使いにこだわった」と作者本人も話す通り、僕も配色にめちゃくちゃ惹かれました。

配色が素敵すぎる(画像上わかりにくい…)

作者は石井美帆(いしいみほ)さんという方。

  • 手刺繍アート作家
  • ダンサー
  • 画家

などなど様々なキャリアをこなし、自身のインスタグラムでは「動く作家」と自称してます。(まさにその通り)

ちなみに作品に出会ったきっかけは、渋谷で行われていた展示会。

様々な方の作品の中にこの作品を見つけました。ハンドメイドだそう。

 

「売上という形でデザイナーさんの活動費を支援したい」と思った。

作者Miho Ishiiさんの頭文字がさりげなく。よい。

さて本題へ。今回は「”いつもと違う”購入基準」で買い物をしたと話しました。

それは、いつもの「デザイン」や「機能性」に加えて、「買った売上でデザイナーさんの活動費を支援したい」という購入基準


ツイートにもある通り「この人の活動費を支援したい」って思いが湧き上がってきたんです。

今までの購入基準と大きな違いは「”モノ” ではなく”ヒト”にお金を払っている」っていう点ですよね。

「この人の創作活動に少しでも貢献したい!」そんな気持ちが僕にはありました。

それを思えたのも展示会にInstagramのQRコード(だっけな)があって、石井さんのInstagramを覗けて、

  • どんな人なのか(文章から読み取れる)
  • 今まで何をしてきた人なのか(過去のpost)

上記のような情報が知れたから。

ほんの少しかもしれませんがその人の、ひととなりを知ることで「応援したい」という気持ちになったんです。

そういった意味でもSNSっては本当に重要ですね。

購入した人とメッセージのやり取りができるのも素晴らしい(やりとりさせていただきました)。

 

これからも”ヒト”にお金を使いたい。

MacBookも余裕で入るよ。

このカバンを購入して1ヶ月ほど経ちますが後悔は全くないですし、むしろ大満足してます。

 

正直「購入費で相手の活動費を支援」なんてこちらのエゴでしかないんですが、それでいいと思います。

思うのはタダだし、仮に相手が何も感じてなくてもこっちが「いいことしたな」って気分で幸せになればそれでOK。

 

僕も「僕自身」にお金を使ってもらえるようなライターだったり、写真家になりたいものです。

おわり

 

今日のひとこと

ハンドメイドだと必然的に「世界に一点」。めちゃくちゃ嬉しいよね。



スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です