新メディア「selfism」を立ち上げました。


スポンサーリンク


はじめましてこのメディアを運営する、山崎将貴(やまざきまさき)と申します。

本日、2018年4月1日にこのメディアを無事にローンチ(公開)することができました。

今回は、この「selfism(セルフィズム)」という名のメディアを立ち上げた理由をお話ししようと思います。

 

以前までの僕の活動

詳しくは経歴(現在編集中です)を見ていただければ分かるのですが、僕は元美容師をしていました。

しかし、ブラックすぎる環境に体を壊してしまい美容師を辞めることに。

その際に出会ったのが「ウェブライティング」。この記事を更新している10ヶ月ほど前の話です。

(ウェブライティングとは簡単にいうと、PCを使って文章を書くことです)

そして、ウェブライティングで収益をあげて生活できるようになろうと美容師を辞めてからは自分のメディアを立ち上げ活動していました。

しかし、如何せんPCを買うところから始めた初心者だったので方向性も定まらず、うまくいかないままモチベーションは下がっていきました。

 

写真との出会い

「自分のやりたいことって何だろう…」そんなことを考えているときに出会ったのが写真。

初めはスマホアプリのカメラで景色を撮影するのにハマりました。

Instagramに毎日投稿していた画像。

このスマホアプリは撮影した写真がフィルムカメラで撮影したような写りになるのですが、その時点で「フィルムカメラっていいな」と思うようになりました。

そして、そこからフィルムカメラについて調べるうちにその魅力にどんどん引き込まれ、結果的にフィルムカメラを購入するに至りました。

そこから、撮影を重ねていくうちに「趣味では終わらせたくない」と強く思うようになりこのメディアを立ち上げることになったのがこのメディアを立ち上げようと思ったきっかけです。

ちなみにサイトの構築を依頼したのは写真家やデザイナーとして活躍する廣田貴弘(@hirota_takahiro)氏(彼が運営するメディア「COIN POCKET」)

(「selfism」という名前はたくさん時間をかけて考えたので別の記事でじっくり紹介したいと思います。)

 

これからの展望

「写真を撮ってSNSに上げて完結」

それ自体は悪いことだとは思いませんが、写真を「仕事」にする以上それだけではよほどの力がない限り不可能だと思っているのが現状。

なので写真を軸に様々な「自分の好き」と掛け合わせて仕事を生み出そうと考えています。(例:ライティング、アパレル、美容、デザイン、etc…)

これから一歩ずつ地道に、自分が楽しむことを最優先にこのメディアを育てて行きたいと思います。

「selfism」と山崎将貴の応援、どうぞよろしくお願いいたします。



スポンサーリンク






1 個のコメント

  • お久しぶりです。
    ざきたすブログ時代に数回コメントさせていただきました、まるおです。
    コメント遅くなりすみません。
    新事業立ち上げおめでとうございます。
    私は最近やたらとしんどくてネットはROM専ばかりでしたが、トップに掲載されている若い女性の素敵なお写真を拝見しまして、以前恐れ多くもアドバイスさせていただきました、若い世代の異性とのコミニュケーションを大切にされているご様子で、大変嬉しく思い、久しぶりにコメントさせていただきました。
    また、以前のざきたすさんの近影は一見やや華奢な印象を受けましたが、新しい近影はなかなか逞しい、男らしく成長された印象を受けました。
    またROMらせていただきます。頑張ってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    文章を書く仕事をしています。ブラック企業に殺されかけた経験から美容師をやめてこの仕事へ。知識・経験・繋がり0から成功します。可愛い女の子が好き。